知らなきゃ怖い飛蚊症の原因・症状・検査・治療方法・もし放置していると…

飛蚊症(ひぶんしょう)の原因
丸い眼球には白いゼリー状のものが詰まっていて、これを硝子体と言います。

この硝子体の中身はドロドロのゼリー状の水分ですが、年齢を重ねるごとにこの水分はサラサラになっていきます。

そのような状態になると、硝子体が収縮しやすくなり、目の奥にある網膜から硝子体の一部が剥がれやすくなります。

この剥がれた硝子体が、なにか物を見る際に網膜に映り、小さな蚊が飛んでいるかのうように見えます。

重度の近視がある方は、早い段階で飛蚊症を自覚しやすいですが、年齢を重ねると自覚することが多く、飛蚊症の症状に気が付いていても、慣れていると普段はその症状は気にならないです。

知らなきゃ怖い飛蚊症の原因・症状・検査・治療方法・もし放置していると…について詳しくはこちら

"知らなきゃ怖い飛蚊症の原因・症状・検査・治療方法・もし放置していると…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント