胃カメラは鼻と口どちらが楽か検査費用や検査前後の食事は?

胃カメラって鼻と口からではどちらが楽なのでしょうか。 鼻カメラと口カメラでは費用や麻酔とか鎮静にも違いがあるのでしょうか? それぞれのメリットデメリットと胃カメラ前後の食事についても触れたいと思います。 胃カメラは鼻と口どちらが楽か検査費用や検査前後の食事は?について詳しくはこちら

続きを読むread more

手遅れになる前に変形性股関節症の症状や予防と治療と原因を知る

変形性股関節症の原因 原因は様々ですが、大きく分けると股関節形成不全など先天性病気や発育障害など子供のころの病気が原因で起こるものと老化による関節の変形や事故やけがの後遺症など、子供のころの病気以外が原因で起きるものの二種類に分けられます。 どちらも関節にかかる衝撃を和らげてくれるクッションのような役割をしている軟骨がすり減り、…

続きを読むread more

成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因・症状・検査・治療方法

成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因 成長ホルモン分泌不全性低身長症(GHD)は、体内に100種以上存在するホルモンの一つである、成長ホルモン(GH)の分泌が十分ではないために引き起こされる疾患です。 成長ホルモンは脳下垂体という臓器から生涯に渡って分泌されるホルモンで、骨の伸長や筋肉の成長を通した身体の成長に関する作用と、代謝…

続きを読むread more

プール熱の症状や出席停止期間と予防方法

原因 アデノウィルスによるウィルス感染症です。 アデノウィルスは多くの種類(型)がいますが、咽頭結膜炎(プール熱)を引き起こすものは主にアデノウィルス3型・7型です。 7型は乳幼児や高齢者では重症化することもあるため注意が必要です。 プール熱の症状や出席停止期間と予防方法について詳しくはこちら

続きを読むread more

知らなきゃ怖い肺気腫の原因や症状・検査、治療方法と予後

肺気腫の原因 喫煙が発症の最も重要な危険因子であり、日本人のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)患者の90%は喫煙者です。 喫煙の他に、職業上の粉塵や大気汚染、受動喫煙、感染症などが外因性危険因子となります。 また、喫煙の影響を受けやすい人とそうでない人が存在すると考えられており、この個人差を規定するものが遺伝素因などの内因性危険…

続きを読むread more

知らないと怖い肺結核の症状と感染経路

肺結核の原因 空気中に存在する結核菌が原因菌となります。 また、結核菌を保有している人のくしゃみや咳で目に見えないしぶきを吸い込むことで、結核菌が口や鼻から侵入し、肺の中の免疫細胞の中に取り込まれて寄生し生きていきます。 感染後すぐに発症するのではなく、その後風邪をこじらせて体調が弱まっている、HIVに感染した、ストレスや…

続きを読むread more

知らなきゃ怖い飛蚊症の原因・症状・検査・治療方法・もし放置していると…

飛蚊症(ひぶんしょう)の原因 丸い眼球には白いゼリー状のものが詰まっていて、これを硝子体と言います。 この硝子体の中身はドロドロのゼリー状の水分ですが、年齢を重ねるごとにこの水分はサラサラになっていきます。 そのような状態になると、硝子体が収縮しやすくなり、目の奥にある網膜から硝子体の一部が剥がれやすくなります。 こ…

続きを読むread more

筋ジストロフィーの原因と症状・治療法やALSとの違い

筋ジストロフィーの原因 遺伝子の異常によって起こります。 ジストロフィーとはdys(異常・不良・不全)trophy(栄養発育状態)という意味を示し、骨格筋の変性・壊死、進行性の筋力低下を主とする遺伝性の病気であり単純な筋肉の萎縮などではありません。 ジストロフィンという裏打ち蛋白(筋細胞の筋細胞膜で行われるカルシウムの流入…

続きを読むread more

双極性障害とは?その特徴と原因と症状と治療方法

双極性障害とは 「双極性障害」とは、以前は「躁うつ病」と言われていました。 双極性障害は、3か月~4か月の周期で気分が「躁(テンションが高くなる)」と「うつ(気分が沈んでしまう)」を繰り返します。 また「うつ病」と勘違いをされやすい病気ですが、うつ病は気分が沈んでしまったままで「躁(テンションが高くなる)」の状態にはなりま…

続きを読むread more

前立腺炎の原因と症状・治療法、もし放置しているとどうなるのか

前立腺炎の原因 前立腺炎とは、細菌などが前立腺に感染し炎症を起こす病気です。 前立腺炎は急性と慢性に分類されます。 ・急性前立腺炎の原因 大腸菌などの細菌が尿道から侵入して膀胱、精巣上体(副睾丸)に達して前立腺に感染します。 そのほか血行性におこる場合もあります。 膀胱鏡や前立腺生検、尿道カテーテル留置などの処置や検査が原…

続きを読むread more

薬物依存症とアルコールの関係や放置しているとどうなっていくのか

薬物依存症の原因 最近の研究で、薬物依存の原因には脳内の神経系が関与しているが明らかになっています。 何らかのきっかけではじめたことが原因で依存してしまい、自分の力では辞められないのがこの病気の怖いところです。 始めるきっかけとして多いのは、ストレス対処、リラックスや気分転換、快感、繋がりや居場所、現実逃避、苦しさや不眠へ…

続きを読むread more

血便が出る原因や何科に受診すればいいのか

血便の原因 血便は血液が付着した便のことを指しますが、正常状態では便に血が混入することはありませんので血便には必ず何らかの健康異常が伴っていることになります。 原因は多種多様で、有害性の低いものから非常に深刻なものまで多岐に渡ります。 血便の原因としては比較的頻度の多い痔核や裂肛から、大腸ポリープや早期の大腸癌、時として進…

続きを読むread more

いんきんたむしの原因・症状・治療法、もし放置しているとどうなるのか

いんきんたむしの原因 いんきんたむしは、股間から臀部にかけて白癬菌という菌に感染した状態です。 特に男性は、陰嚢と陰茎が重なっている体の構造なので、夏場などの汗をかきやすい時期では股間が蒸れやすいため発症しやすいです。 また、常時オムツや尿パッドを使用している場合も陰部が蒸れやすく、いんきんたむしを発症しやすいです。 …

続きを読むread more

肺腫瘍とは?肺がんと何が違うの?その治療方法は?

肺腫瘍とは 良性の肺腫瘍は、ごくまれな病気です。 気管支内や肺の中に発生しますが、ほとんど進行せず原型を留めた形で存在していることがほとんどです。 健康診断でレントゲン撮影をした際には、良性の肺腫瘍の診断ができないため病院での精密検査などで慎重に経過を追う必要があります。 肺腫瘍とは?肺がんと何が違うの?その治療方法…

続きを読むread more

水虫の原因と症状や市販薬は効果あるの?

水虫の原因 水虫は白癬菌というカビに皮膚が感染した状態です。 皮膚であれば、どこでも感染しますが、特に足にその水虫が表れやすいです。 それは人の足は靴下を履いて外出時には靴を履き、蒸れて湿度も体温も上昇している環境なため、白癬菌が繁殖しやすい環境だからです。 同じバスマットを使用することや、素足でスリッパを履くこ…

続きを読むread more

副鼻腔炎の原因や症状・自然治癒するのか・治療方法・もし放置していると…

副鼻腔炎の原因 副鼻腔は、おでこ(前頭洞)、目と目の間(篩骨洞)、目の下で鼻の外側などにある空洞(上顎洞)です。 それら副鼻腔は、鼻腔とつながっています。 この副鼻腔への炎症は、体の抵抗力が落ちている時に、鼻から細菌などが感染したりすることが多いです。 上顎洞の場合は、上あごの奥歯、大臼歯の虫歯や歯周病が原因で、上顎…

続きを読むread more

毛じらみとは・原因と症状・治療方法・うつったりするのか

毛じらみとは 毛じらみとは、シラミの一種です。 動物には寄生せず、特定の人の毛に寄生します。 その毛じらみの特徴は、人の毛に寄生して血液を吸いそれを栄養として生きていきます。 3~4日間人の血を吸わないと、生きていけません。 そのため、毛じらみは人の毛から離れてしまうと死んでしまいます。 毛じらみの体の特…

続きを読むread more

肩こりの原因と解消させる方法、もし放置しているとどうなるのか

肩こりとは 僧帽筋とよばれる肩周囲の筋肉を中心として起こる、こわばりや不快感、重苦しさなどの症候を総称して「肩こり」と言います。 症状として自覚している有訴割合は非常に高く、全年代を通してきわめて高頻度にみられます。 肩こりの原因と解消させる方法、もし放置しているとどうなるのかについて詳しくはこちら

続きを読むread more

アルコール依存症はどんな病気?

アルコール依存症とは お酒を飲むことが、どんな物・行動よりも価値があるかのように、最も優先することになってしまう状態です。 どんな問題が起ころうが断酒できない”精神依存”、飲酒をやめようとすると身体にけいれん発作や幻覚が現れる”身体依存”、アルコール量が徐々に多量になってしまう”耐性の獲得”という3つの特徴が見られます。 …

続きを読むread more

インシュリンの種類と副作用

インシュリンとは インシュリンとは、膵臓のランゲルハンス島のβ組織で作られる、血糖値を下げる働きをもつ物質です。 私たちの体は、食事から摂取した糖分を全身に運び、生命維持のためにエネルギー源として筋肉や内臓に運び込まれます。 この糖分とは体内では血糖と呼ばれ、食事摂取をすると血糖値は上昇しインシュリンが分泌されます。 …

続きを読むread more

ヘモグロビンを増やす方法と値が高いとどうなのか低いと…。

ヘモグロビンとは 私たちの血液の成分は、赤血球、白血球、血漿、血小板からできています。 ヘモグロビンというものは、この赤血球の成分でそのほとんどをこのヘモグロビンが割合を占めており、約2、3割程度にたんぱく質と脂質が含まれています。 ヘモグロビンには鉄分が含まれており、体内の酸素とこの鉄分が結びついて、血液となって全身へ酸…

続きを読むread more

過換気症候群の原因や症状と対応、治療方法

過換気症候群の原因 過換気症候群の原因は、主に精神的なストレスが原因で起こります。 過度の緊張、不安感、恐怖、興奮、疼痛によって自分の意識と反し浅い呼吸数が多くなります。 呼吸が多すぎると血中の 酸素が多くなり二酸化炭素濃度が下がってしまいます。 その結果血液のバランスが崩れてPHがアルカリ性に偏り(呼吸性 アルカロ…

続きを読むread more

コレラに感染した時の症状と予防・治療方法

コレラの症状 コレラは、コレラ菌によって汚染された飲食物を口にすることによって、感染する細菌感染症です。 下部小腸で定着し増殖しますので、通常は下痢を初期症状として発症することになります。 軽症であれば下痢(軟便)が継続しますが、深刻な脱水は伴いません。 重症のコレラの場合、腹部不快感を自覚した後、急激な下痢と嘔吐が…

続きを読むread more

ギャンブル依存症の原因と病院・もし放置していると…

ギャンブル依存症とは ギャンブル依存症とは、”心身機能の障害や苦痛を引き起こし、社会的、経済的、人間関係に深刻な問題が起こるにも関わらず、賭博行動が持続的かつ繰り返し行われる状態”を指します。 ・診断について 日本ではギャンブル依存症の定義や診断基準は明確に定められておらず、診断名も統一されていません。 WHOが定める国際疾…

続きを読むread more

バセドウ病・甲状腺機能亢進症の原因と症状と治療法

バセドウ病とは 甲状腺は首の前面の中央部に触れる器官があります。(喉仏ではないです) その甲状腺の機能が亢進してしまった病気のことです。 「甲状腺機能亢進症」とも言います。 甲状腺ホルモンが何らかの原因で過剰に出る、女性に多い病気で、男性の約5~6倍多いと言われています。 バセドウ病・甲状腺機能亢進症の原因と症…

続きを読むread more

強迫性障害の原因と症状と治療方法

強迫性障害の原因 外出する時に火を消したか気になったことはありますか? 戸締りをしっかりしたか心配になったことはありますか? 誰でも「やったかな?」と心配になることはあります。 しかし、「強迫性障害」の場合、心配の度合いがとても極端になります。 強迫性障害の原因は、性格や遺伝性、環境はもちろん、感染症などの病気…

続きを読むread more

高脂血症の原因と症状と改善策・もし放置しておくと…

高脂血症とは 高脂血症は血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多くなり、HDL(善玉)コレステロールが少なくなる病気です。 血液中の脂質が正常範囲にない状態を、最近では脂質異常症と呼んでいます。 高脂血症の原因と症状と改善策・もし放置しておくと…について詳しくはこちら

続きを読むread more

乳腺炎の原因と症状と治療法

乳腺炎の原因 おっぱいのトラブルとして有名な乳腺炎。 乳腺炎には授乳期に起こる急性うっ滞性乳腺炎と、うっ滞性乳腺炎が悪化して起こる急性化膿性乳腺炎があります。 うっ滞性乳腺炎は、乳汁が乳管(おっぱいの通り道)を塞いで、つまってしまうことで起こることが多いです。 ・赤ちゃん側の問題 吸啜力(おっぱいを吸う力)が弱い …

続きを読むread more

解離性障害の原因と対応・もし症状を放置していると…。

解離性障害とは 耐え難い体験や苦痛によって危機を感じた時、無意識に外部との接触を断ち切るような状態に自分を置く事で自我を守ろうとする反応と考えられ、記憶、意識、知覚などをまとめる事が出来ず、記憶の喪失、異常感覚・行動、人格障害などが現れます。 解離性障害の原因と対応・もし症状を放置していると…。について詳しくはこちら

続きを読むread more

頭痛の原因と症状と改善策・もし放置しておくと…

頭痛の原因 頭痛にはさまざまな種類があり、それによって原因に違いがあります。 ・偏頭痛 偏頭痛の原因は、過度のストレスや疲労、刺激が発端となります。 脳のなんらかの刺激が三叉神経(痛みや冷たさなどの 感覚を司る)に伝わり神経伝達物質を排出して、脳の血管を拡張させて炎症を起こし、さらに三叉神経を圧迫して痛みが 出ます。 頭の…

続きを読むread more

結膜炎とは?原因と症状・うつる?自然治癒する?治療方法

結膜炎とは 結膜とは、目の角膜以外の眼球表面(白目と呼ばれる部分)と、まぶたの裏面を覆う粘膜組織です。 アレルギー、細菌・ウィルス感染、摩擦や日光などの物理的刺激が原因となり結膜に炎症が生じる病気です。 結膜炎とは?原因と症状・うつる?自然治癒する?治療方法について詳しくはこちら

続きを読むread more

敗血症って何?その原因と症状・治療方法

敗血症とは 微生物(細菌やウイルス、カビなど)などが体に侵入し感染すると、私たちの体はその異物を体の外に出そうと防御反応が起こり感染症を治そうとします。 敗血症とはその時の防御反応が上手くいかずに、微生物が血流にのって他の臓器(特に肺や腎臓、腸管など)へ移動することで、臓器不全になり治療が遅れるとショック状態になり死を招く危険性…

続きを読むread more