薬物依存症とアルコールの関係や放置しているとどうなっていくのか

薬物依存症の原因
最近の研究で、薬物依存の原因には脳内の神経系が関与しているが明らかになっています。

何らかのきっかけではじめたことが原因で依存してしまい、自分の力では辞められないのがこの病気の怖いところです。

始めるきっかけとして多いのは、ストレス対処、リラックスや気分転換、快感、繋がりや居場所、現実逃避、苦しさや不眠への対処などがあります。

なんとなく始めたはずが、薬物を使用して実際に気分の変化を実感すると更にその効果が欲しくなります。

そのうち、何かあるたびに薬が欲しくなる『精神依存』に陥るのです。

こうして使用を続けるうちに、少量では快感が得られず段々と使用量が増えていく『薬物耐性』ができてしまいます。

また、睡眠薬などの抑制系の薬物は摂取を辞めてしまうと、身体が禁断症状(不眠、抑うつ、幻覚、妄想)を呈します。

ここまでくると『身体依存』です。

薬物依存症とアルコールの関係や放置しているとどうなっていくのかについて詳しくはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント