肺腫瘍とは?肺がんと何が違うの?その治療方法は?

肺腫瘍とは
良性の肺腫瘍は、ごくまれな病気です。

気管支内や肺の中に発生しますが、ほとんど進行せず原型を留めた形で存在していることがほとんどです。

健康診断でレントゲン撮影をした際には、良性の肺腫瘍の診断ができないため病院での精密検査などで慎重に経過を追う必要があります。

肺腫瘍とは?肺がんと何が違うの?その治療方法は?について詳しくはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント