血栓の原因・症状・治療法・予防法・もし放置していると

血栓とは 血栓とは、血液がドロドロになることや、血液の流れが悪くなるとで血液の塊ができやすくなることです。 その血栓が血流にのって流れることで、心臓や肺を詰まらせてしまう心筋梗塞や肺塞栓、また脳血管にも血栓が流れて脳梗塞の原因となります。 血栓の原因・症状・治療法・予防法・もし放置しているとについて詳しくはこちら

続きを読むread more

摂食障害とはその原因と症状と何科の病院でどんな治療するのか

摂食障害とは 体重や体型への強いこだわり、痩せたいという強い願望を持ち、全く食事を受け付けない、異常な食べ過ぎやおう吐の繰り返し、下剤使用などの問題行動に加えうつや不安といった精神症状、時に命に関わる身体症状をも引き起こす重い食行動障害です。 摂食障害とはその原因と症状と何科の病院でどんな治療するのかについて詳しくはこちら

続きを読むread more

看護師必見・脳神経外科の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

脳神経外科の良いところ 良いところは、急性期から術後まで一貫して看護が行えるところです。 急性期では、全身管理の看護スキル(意識レベル、循環器モニター、尿量管理等の循環変動の観察など)や急変時の看護スキルが身につきます。 この急性期で学んだ全身管理の知識や技術は他の科でも生かすことができるため一生もののスキルが身につくとこ…

続きを読むread more

腸閉塞(イレウス)の原因と症状・前兆・食事・予防・治療方法・もし放置していると…

腸閉塞の事をイレウスとも呼びます。 この腸閉塞(イレウス)の原因や症状・治療・予防法・前兆などについてご説明していきます。 腸閉塞(イレウス)の原因と症状・前兆・食事・予防・治療方法・もし放置していると…について詳しくはこちら

続きを読むread more

看護師必見・産科病棟の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

産科病棟で働く魅力 分娩を取り扱う病棟では、なんといっても分娩に立ち会うことができるのが一番の魅力です。 新しい家族が誕生する瞬間に立ち会い、出産するお母さん、赤ちゃん、家族のお手伝いができるのは大変貴重な体験です。 また、病棟には妊娠中のお母さんや産後のお母さんと赤ちゃんが入院しています。 妊娠・分娩・産褥期全てで…

続きを読むread more

下垂体腺腫の症状や原因と治療方法

下垂体腺腫の原因 下垂体腺腫とは脳の下垂体をつくる細胞ががんになったものを言います。 発生する原因はストレスなどもあるようですが、その原因は不明で子どもから大人まで発生する可能性はあります。 下垂体腺腫の症状や原因と治療方法について詳しくはこちら

続きを読むread more

高血糖の症状・原因・もし何も対処していないと…

高血糖になる原因 血糖とは血液中にあるブドウ糖の濃度の事です。 これは食事内容や運動量によって変動します。 高血糖になる原因は、高カロリー食や高脂肪食、運動不足、遺伝的要素によって、血糖値を下げる作用があるインスリンの分泌量の低下や、分泌されても作用されない状態になり高血糖になります。 高血糖の症状・原因・もし何…

続きを読むread more

低血糖の症状・原因・治療対処・もし放置していると

低血糖になる原因 低血糖とは、血中のブドウ糖の量が必要以下になって血糖値が低下することをいいます。 その原因は栄養不足によるもの、過度なダイエットや、食事を摂れない環境、またアルコール中毒で食事が取れない場合、入浴でも低血糖になる可能性があります。 また、糖尿病を患っており糖尿病治療薬による過剰反応によるものもあります。 …

続きを読むread more

脳炎の症状・原因・後遺症・治療方法

脳炎の原因 脳に炎症が起きている状態で、その原因は不明な場合が多いです。 しかし、原因が分かるものでウイルス感染(ヒト免疫不全ウイルス、インフルエンザウイルス、エンテロウイルスなど)が挙げられます。 また、脳とは別の場所で感染をし、それが脳に移動して炎症を起こす場合と、他の病原体が脳に感染して炎症を起こす場合があります。 …

続きを読むread more

看護師必見・小児科クリニックの魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

小児科クリニックの良いところ 小児科は診療科目を絞らずに診察するため、幅広い知識、技術を学ぶことができます。 また新生児期から思春期までと年齢も様々で、風邪などの感染症はもちろんのこと、育児をしている中で疑問に思ったことなどでも受診されるため、成人に比べ受診される回数が多いのが特徴です。 長年かかりつけ医として通われるお子…

続きを読むread more

クッシング症候群の原因と症状、もし治療を放置していると…

クッシング症候群の原因 クッシング症候群は、副腎という臓器から分泌されるコルチゾールの作用が過剰となってしまうことで、特徴的な身体徴候を示す疾患です。 クッシング症候群はその原因によって、大きく3種類に分類されます。 ひとつ目は副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)と呼ばれる副腎からのコルチゾール分泌を促すホルモンが過剰となるこ…

続きを読むread more

メラノーマの原因・症状・できる場所・検査・治療・もし放置していると…

メラノーマの原因 メラノーマ(悪性黒色腫)は皮膚に生じる悪性疾患のひとつで、皮膚の基底部に存在するメラノサイトという色素細胞のがん化によって発生するとされています。 過去にはほくろや表皮の長期刺激にともなってがん化すると考えられていたこともありましたが、このことは現在では完全に否定されています。 メラノーマは詳細な分類を行…

続きを読むread more

睡眠障害とは原因・症状・治療・何科で受診・もし放置していると…

睡眠障害とは 1日の中で自然と調整されている”眠り”と”覚醒”のバランス(日内リズム)に問題が起きることです。 睡眠時間の長短だけではなく、睡眠の質やタイミングが原因で生活上心身に苦痛や問題が生じている状態を指します。 覚醒(かくせい):目がさめること 日内リズム(日周期・サーカディアンリズム): 体内で作り出される約2…

続きを読むread more

胆石の症状と原因・気を付けたい食事と治療方法

胆石の原因 肝臓で作られた胆汁は脂肪や炭水化物の消化を助けますが、この胆汁を一時的に貯留しておく臓器が胆のうです。 胆のうや、胆のうにつながる胆管ではしばしば石を作り、これを胆石と呼んでいます。 胆汁は主として、コレステロールやビリルビン、胆汁酸、レシチンなどで構成されていますが、胆汁が濃縮されていく過程において、その成分…

続きを読むread more

蓄膿症の症状と原因・もし治療を放置していると…。

蓄膿症の原因 蓄膿症の正式名称は慢性副鼻腔炎といい、副鼻腔は蝶形骨洞、前頭洞、篩骨洞、上顎洞の4つがあり、全て鼻腔に繋がっています。 一番大きなのは目の下で鼻の外側にある上顎洞です。 上顎洞と鼻腔と繋がる穴を「自然口」といい、炎症で腫れるなどしてふさがると、上顎洞が換気不全を起こします。 換気が悪くなると、副鼻腔内で…

続きを読むread more

看護師必見・美容外科の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

美容外科で働く魅力 私が経験した美容外科クリニックは、AGA専門のクリニックでした。 仕事内容は、血圧測定・採血・服薬指導・治療の説明が主となります。 その中で美容外科クリニックの魅力は大きく5点あります。 ・美容外科は普通の病院のように重篤な患者は来ない。 患者の命の危険がなく精神的なストレスが少ないです。 ・…

続きを読むread more

腹水がたまる原因と症状・治療と放置しておくと…

腹水がたまる原因 文字通り、腹部に不必要な水分が貯留した状態を指します。 健常な方にも少量(数十cc程度)の腹水はみられます。 腹膜などで作られた腹水は血管による吸収との適切なバランスが最も重要ですが、これが不均衡となると異常な腹水貯留を認めることになります。 肝炎や肝硬変に伴う肝臓の機能低下は、アルブミン(タンパク…

続きを読むread more

デング熱の感染経路と症状・潜伏期間・治療と予防法

デング熱の感染経路 人から人へ直接感染することはありません。 蚊(ネッタイシマカやヒトスジシマカ)の唾液中にデングウィルスは含まれており、ウィルスを持つ蚊に刺される、又は感染者の血を吸った蚊に刺されると感染します。 蚊→人→蚊→人と感染が広がります。 デングウィルスには4種類の型があるため、一度感染した後も別の型に再度感…

続きを読むread more

マラリアとは?症状と感染経路と潜伏期間・治療と予防法

マラリアの感染経路 マラリアは熱帯・亜熱帯に生息するハマダラカに刺されることで感染します。 日本では主にアフリカ、東南アジア、オセアニア、中南米へ海外渡航中に感染し帰国後発症する経路のみが報告されており、日本国内のハマダラカによる感染の広がりは確認されていません。 マラリアとは?症状と感染経路と潜伏期間・治療と予防法につい…

続きを読むread more

血圧が高い時低い時の症状・血圧を下げる方法上げる方法

血圧が高い時の症状 収縮期(上の)血圧が140mmHg以上もしくは拡張期(下の)血圧が90mmHg以上」であった場合が高血圧とされていますが、普段のみなさんの血圧はどれくらいでしょうか? 一度職場の健診などの結果を確認しましょう。 普段から血圧が高いと、まず頭が痛くなります。そのためにめまいがしたり、耳鳴りがすることがあり…

続きを読むread more

副甲状腺機能低下症の原因と症状・検査・食事・遺伝はするのか

副甲状腺機能低下症の原因 副甲状腺機能の低下は、副甲状腺ホルモンのはたらきが十分に行われないことが原因で起こり、その原因は副甲状腺ホルモンの分泌そのものが少ない場合(突発性副甲状腺機能低下症)と、ホルモンの分泌は正常で作用する骨や腎臓など(受容体)に異常がある場合(偽性副甲状腺機能低下症)と大きく2つに分かれます。 ・副甲状腺ホ…

続きを読むread more

看護師必見・神経内科の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

神経内科で働く魅力 神経内科病棟は本当に特殊な科です。 いわゆる難病を扱う病棟になります。 いろいろな難病があり、それぞれに症状が違ってくるので病気が診断されるとその病気の特徴をよく把握し、今どのレベルのどの状態にあるのかをスタッフみんなで把握します。 一番気をつけているのは、呼吸抑制による窒息です。 嚥下困難…

続きを読むread more

低血圧の原因と症状と治療方法・低血圧を改善する食べ物

低血圧の原因 急性では ・ショック(出血多量、貧血などによるもの)、 ・一過性のもの(起立性:いわゆる立ちくらみ、食後:食事摂取で血液が腸に集まるために心臓への血液が減る、排尿後・透析後:循環する血液の量が減る) 慢性では ・本態性(原因不明なもの)、 ・症候性(心筋梗塞や過量の降圧剤など、低血圧を起こす原因が存在する)…

続きを読むread more

熱性けいれんの原因や症状・前兆・予防と治療法

熱性けいれんの原因 熱性けいれんの原因として考えられるのは、発熱、年齢、遺伝です。 ・年齢 発育途中の子供の脳細胞は未熟で熱に弱く、急な体温上昇で容易に意識障害やけいれんを起こしやすいと言われています。 ・発熱 38℃以上の発熱、発熱してから24時間以内、熱の上り際に多く起こります。 「急に体温が上がる」ことが条件で…

続きを読むread more

副甲状腺機能亢進症の原因と症状・検査と治療方法

副甲状腺機能亢進症の原因 副甲状腺機能の亢進は、副甲状腺ホルモンが過剰に分必されることが原因で起こります。 その原因として、 副甲状腺そのものに異常がある場合(原発性副甲状腺機能亢進症)、 他の病気がきっかけで副甲状腺ホルモンが過剰に分泌される場合(二次性または続発性副甲状腺機能亢進症) の大きく2つに分かれます。 …

続きを読むread more

心室性期外収縮の原因と症状・子供にもあるのか・治療法

心室性期外収縮の原因 期外収縮は30歳を過ぎた頃から健康で病気を抱えてない人でも起こりうる不整脈で、年齢とともに次第に増加する傾向があります。 また、生活習慣が原因とすることも多く、寝不足や疲れから来る身体的ストレスや仕事などの精神的なストレス、過剰なカフェインやお酒の摂取、心臓を刺激する成分を含む風邪薬や花粉症の薬の服用など様…

続きを読むread more

乾癬とは・原因とできる部位・市販薬と治療法・もし放置していると…

乾癬とは 乾癬は皮膚科疾患のひとつで、境界が明瞭な(一定に縁取られた)紅斑が全身に散在する疾患です。 銀白色の粉を伴った紅斑が一般的ですが、その数や大きさ、形は様々で一様ではありません。 非常に特徴的な皮疹ですので、診断は比較的容易です。 乾癬とは・原因とできる部位・市販薬と治療法・もし放置していると…について詳しく…

続きを読むread more

アルツハイマーの原因と症状・予防法・治療法・もし放置していると

アルツハイマーの原因 アルツハイマーの詳しい原因はまだ解明されていませんが、脳に過剰なたんぱく質が蓄積して脳細の神経を破壊し、脳が委縮するためとされています 。 アルツハイマーは60歳以上の高齢者に発症しやすいですが、30歳から60歳に発症しやすい若年性アルツハイマーもあります。 若年性アルツハイマーの発症はごくわずかで…

続きを読むread more

黄疸の原因と症状と治療方法ともし放置していると…

黄疸の原因 黄疸はビリルビンという物質が血液中に増加し、皮膚や粘膜、眼球の白目も黄色く変色する状態を示します。 本来このビリルビンというものは、酸素を運ぶ赤血球がその役目を終えて破壊された状態のものを示し、赤血球から出たビリルビンが血液中に乗って肝臓に運ばれ胆汁の中に排泄されます。 しかし、肝臓や胆汁の排泄に障害があるとこ…

続きを読むread more

外耳炎の原因と症状と治療法・自然治癒するのか…

外耳炎の原因 外耳炎とは耳の穴から鼓膜までの間に外耳道という物があり、その部分で何らかの細菌が感染して炎症を起こすことをいいます。 耳掃除のしすぎで皮膚を傷つけてしまうことや、爪で耳の中をひっかいてしまうことで傷ができ、そこから感染して炎症が起きることが多いです。 また、プールやお風呂で水が入ることや、耳垢が溜まりすぎて外…

続きを読むread more

腎盂腎炎とは・原因と症状と検査・治療方法・もし放置していると…。

腎盂腎炎とは 腎盂腎炎とは、腎臓および腎盂・腎杯が細菌感染して炎症を起こすことをいいます。 急性と慢性に分かれており、急性期は膀胱炎を起こしやすい女性に多い病気です。 腎盂腎炎とは・原因と症状と検査・治療方法・もし放置していると…。について詳しくはこちら

続きを読むread more

ピンクリボンとは・ピンクリボン運動とウォークについて

ピンクリボンとは ピンクリンボン運動は、乳がんの正しい知識を広め乳がんの早期の検診を推進することなどを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーンです。 日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約12人に1人と言われており、また乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、そのキャンペーンは年々拡大しています。 ピンクリ…

続きを読むread more

金属アレルギーの症状と検査・銀歯は入れられるのか

金属アレルギーの症状 金属アレルギーの症状は2種類あります。 ・接触型のアレルギー 皆さんが想像しているような症状の出かたで、金属に触れることで触れた部分にかぶれ等の症状が出ます。 かゆみ等を伴い慢性化する危険性もあります。 ・全身型アレルギー 内服薬や食品などに含まれる金属を体内に取り込んで吸収してしまった場合に出…

続きを読むread more

口角炎とは・原因とヘルペスの違い・受診は何科・市販薬と治療法

口角炎とは 上口唇と下口唇の交わるところ、つまり唇の両端を口角といい、そこにできる炎症を口角炎と言います。 亀裂や腫れ、かさぶた(痂皮)ができ、時に痛みをともないます。 口角炎とは・原因とヘルペスの違い・受診は何科・市販薬と治療法について詳しくはこちら

続きを読むread more

歯槽膿漏とは・原因と症状・治療方法とおすすめの歯磨き粉

歯槽膿漏とは 歯槽膿漏は、最近では歯周病と言います。 様々な原因で歯を支える歯ぐきやあごの骨が破壊される病気です。 重度になると膿を持つため、歯槽膿漏と言われていました。 歯槽膿漏とは・原因と症状・治療方法とおすすめの歯磨き粉について詳しくはこちら

続きを読むread more

クローン病とは・症状や食事・治療法・寿命・大腸炎との違いについて

クローン病とは クローン病は口から肛門までの消化管のうち、主に小腸や大腸の壁に炎症や潰瘍が慢性的にみられる病気です。 免疫機能、食事、遺伝などが関係していると考えられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。 クローン病とは・症状や食事・治療法・寿命・大腸炎との違いについてについて詳しくはこちら

続きを読むread more

下垂体機能低下症の原因と症状・太ったり不妊の原因になるのか・検査と治療法

下垂体機能低下症の原因 様々な原因がありますが、最も原因として多いのが腫瘍がある場合です。 脳にある下垂体という部分に腫瘍ができ、それが大きくなり圧迫されることで下垂体の本来の機能が低下していきます。 その他の原因としては、下垂体腺腫という病気の手術後や放射線治療によるもの、交通事故や転倒などでの外傷、下垂体そのものの病気…

続きを読むread more

看護師必見・老人ホームの魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

老人ホームで働く魅力 私はもともと総合病院で働いていましたが、夜勤のキツさや残業の多さで自分の時間がとれない事などが理由にあり老人ホームに転職しました。 実際働いてみて老人ホームではほとんどが日勤のみの勤務体系なので、プライベートの時間を大切にできるのも魅力の一つだと思いました。 夜勤がなくてもお給料は高めの所が多く、勤務…

続きを読むread more

過敏性大腸炎とは・症状や検査・治療法

過敏性大腸炎とは 過敏性大腸炎とはストレスが原因で腸内のバランスを崩し、腹痛や下痢、便秘になる病気です。 ストレスを受けると、腸内の神経伝達物質がたくさん分泌されて、腹痛や下痢の症状を起こします。 この病気は、学生や社会人などの10代~30代の若い人に多いといわれています。 急な腹痛や便意に悩まされますが、便が出てし…

続きを読むread more

褥瘡・床ずれとは・原因・予防・治療法・防止用具

褥瘡とは 褥瘡(いわゆる床ずれ)は、寝たきりなどで体の一部分に体重がかかって圧迫され、その場所の血流が悪くなったり滞るために、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。 褥瘡・床ずれとは・原因・予防・治療法・防止用具について詳しくはこちら

続きを読むread more

看護師必見・救急外来の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

救急外来で働く魅力 病院の中で唯一、病名が分からない患者の看護ができる場所です。 初期アセスメントをするためには勉強をすることはもちろんですが、経験しているうちにできるようになり、医師の指示よりも前に先を考え行動する力がつきます。 そうすることで、患者に迅速で安全な治療が提供でき、また自分のアセスメント力が目に見えて分かる…

続きを読むread more