白血病の原因と症状・治療法・もし放置していると…

白血病の原因
白血病を発症する原因は、発がん性の物質や放射線などが考えられています。

身の回りにあるものとして例をあげると、タバコに含まれる発がん性の物質やレントゲン検査などに使われる放射線などがあります。

発がん性の物質は、白血球、赤血球、血小板などの血液細胞が作られるときに、遺伝子や染色体に傷をつけて細胞をがん化してしまいます。

赤血球、血小板、単体球と顆粒球(白血球)になる細胞ががん化した場合は骨髄性白血病、リンパ球(白血球)になる細胞ががん化した場合はリンパ性白血病に分けられます。

遺伝子や染色体の異常が原因となる病気ですが、親から子へ遺伝するものではありません。

白血病の原因と症状・治療法・もし放置していると…について詳しくはこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント